1. ホーム
  2. プロダクト
  3. WORKS AP債務相殺テンプレート

1.  債務相殺テンプレートとは

WORKS AP債務相殺テンプレートは以下の業務効果を実現します。
  • ファクタリング・でんさい等、あらゆる支払手段が可能な為支払処理の完全統合化が可能
  • 発注購買システムからのインポートや、財務会計システムへの仕訳エクスポートまで、柔軟なインターフェース部品により、既存システム環境に左右されずに導入が可能
  • 経理部以外の方の入力を考慮した画面構成の為、現場入力の推進が可能

2.   債務相殺テンプレート主な機能紹介

3.   債務相殺テンプレート機能関連図

※クリックすると画像が拡大します。

4.   導入支援・サポート

※クリックすると画像が拡大します。

5.   債務相殺テンプレート主な仕様

勘定科目コード 最大15桁  但し、仕訳連動時は会計システムの仕様に準じます。
部門コード桁数 最大15桁  但し、仕訳連動時は会計システムの仕様に準じます。
各種補助コード桁数 最大15桁  但し、仕訳連動時は会計システムの仕様に準じます。
セグメントコード桁数 最大15桁  但し、仕訳連動時は会計システムの仕様に準じます。
プロジェクトコード桁数 最大15桁  但し、仕訳連動時は会計システムの仕様に準じます。
支払先・得意先件数 無制限  但し、仕訳連動時は会計システムの仕様に準じます。
登録可能会社数 無制限
登録可能取引先社数 無制限
仕入先(支払先)コード桁数 最大15桁  但し、仕訳連動時は会計システムの仕様に準じます。